コートハウス論

「明るく風通しのいい」「穏やかに過ごせる開放的な」住まい。それでいて「プライバシーの守られた家」がいい。
「コートハウス」は、外周の開口部(サッシなど)を少なく閉鎖的にして、壁に囲まれた中庭に対して開放的な空間構成にした住宅です。

斉藤邸中庭上から.jpg墨田区S邸中庭斉藤邸俯瞰.jpg墨田区S邸中庭上部より
墨田区S邸は、隣地の建物に四方を囲まれた旗竿状敷地に建つ住宅です。建物外周部に隣地からの視線を遮る壁を設置してプライバシーを確保しつつ、中庭に対して開放的な計画としています。中庭の壁の高さは、奥行きに対し高すぎると閉塞感がでるので、通風との関係を含めて慎重に検討されています。夏季の中庭は上部からの陽射しで鮮やかな空間になり、太陽高度の低い冬季でも、内部の壁を白くして光の反射率を高めることにより明るい空間を実現しています。
斉藤邸リビング.jpg墨田区S邸2階斉藤邸和室.jpg墨田区S邸1階
中庭に落葉樹のシンボルツリーを植え、春の新緑は白い壁に囲まれた空間に彩りをくわえます。夏はシンボルツリーが木陰をつくり中庭の気温を下げ、秋の落葉は季節の移ろいを感じさせます。葉のない冬は暖かい陽射しを遮ることなく、穏やかな半屋外空間となります。